最適な学習法を選ぶ

教師

自分に合った学習方法が高得点のカギ

英語に関する検定試験の中でも、TOEICは総合的な力を問われるのが特徴です。高得点を出すには試験の内容に特化したTOEIC対策を活用し、効率よく学習していくことが求められます。学習方法にはいくつかあり、最も簡単にできるのが、テキストなどを購入して自宅で勉強するというものです。書店の資格勉強コーナーにはTOEIC対策本を取り扱ったものがあり、参考書から問題集まで幅広く揃っています。自宅で勉強できるため自分のペースに合わせやすく、費用も安く済むのが特徴です。リスニングが苦手な方は、CDなど音声教材が付いた本を選ぶと良いでしょう。本番で流れてくる英語のスピードに、耳を慣らすことができます。注意点としては、書籍の内容は学習レベルによって分けられていることです。自分の英語レベルより少し難しい程度の書籍を選ぶのがおすすめです。自分では学習ペースをつかみにくいというのであれば、通信講座のTOEIC対策に取り組むことをおすすめします。これは学習用の教材一式が自宅に送られてくるもので、自分で勉強するという点では書店で対策本を買うのと変わりありません。しかしレッスンごとに確認用の問題が用意されており、それを添削してもらうことで理解度を確かめられる仕組みになっています。自分の弱点を克服するのに役立ちます。資格試験対策の講義に参加するという方法もあります。語学スクールなどで開催されているこの講義は、長年TOEIC対策に励んできた講師による授業を受けられるのが特徴です。そのため頻出されるキーワードや傾向がわかりやすく、効率的に試験対策を進めることができます。